読書LIFE ~毎日が読書日和~

本を読み、備忘録的に感想を綴るブログ。主に小説。映画もたまに。

小説(作家名)-か行の作家-海堂 尊

夢見る黄金地球儀:海堂 尊【感想】

海堂尊と言えば「医療ミステリー」を思い浮かべます。現役医師である海堂尊だからこそ描ける作品です。 「夢見る黄金地球儀」は、医療から離れ、黄金地球儀を盗むドタバタコメディ劇と言ったところでしょうか。ドタバタ感とコメディ感が、やたらと目立ちます…

ブラックペアン1988:海堂 尊【感想】

嵐の二宮和也主演でドラマが放映されています。過去に読んだことがあるのですが、ドラマ放映をきっかけに再読しました。 何故なら、残っていた小説の記憶とドラマでは、登場人物たちにかなり違いがあるな、とおぼろげに感じたからです。何となく違和感を感じ…

螺鈿迷宮:海堂 尊【感想】

「螺鈿迷宮」では、終末期医療と死亡時医学検索がテーマです。 死亡時医学検索は、著者にとって重要なテーマです。 現在の日本は、死因不明社会だと断言しているからです。死因究明を果たさせない医療システムに未来はない。著者が抱いている危惧でしょう。 …

「ジェネラル・ルージュの凱旋」 海堂 尊

「ジェネラル・ルージュの凱旋」の内容 桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着してい…

「ナイチンゲールの沈黙」 海堂 尊

「ナイチンゲールの沈黙」の内容 小児科病棟に勤務する浜田小夜の担当は、眼の癌=網膜芽腫の子供たち。看護師長・猫田の差配で、不定愁訴外来の田口公平は彼らのメンタルサポートをすることになった。だが同じ頃、患児の父親が殺され、小夜は警察に嫌疑をか…

「チーム・バチスタの栄光」 海堂 尊

「チーム・バチスタの栄光」の内容 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチスタ”とし…