読書LIFE ~毎日が読書日和~

本を読み、備忘録的に感想を綴るブログ。主に小説。映画もたまに。

小説(作家名)-は行の作家-東野圭吾

ナミヤ雑貨店の奇蹟:東野圭吾【感想】

ミステリー小説でなく、心温まる人間ドラマです。その言葉に尽きます。 もちろん、謎はあります。ただ、その謎は解かなければならない謎でなく、謎のままで存在していることが望ましい。それを追及することは、物語上、意味がない。 大事なのは、謎が、多く…

夢幻花:東野圭吾【感想】

「夢幻花」の内容 花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治が殺された。第一発見者の孫娘・梨乃は、祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、ブログにアップするとともに、この花が縁で知り合った大学院生・蒼太と真相解明に乗り出す。一方、西…

流星の絆:東野圭吾【感想】

「流星の絆」の内容 何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の…

「ガリレオ」シリーズ:東野圭吾【感想】

ガリレオシリーズの中でも、「探偵ガリレオ」「予知夢」「ガリレオの苦悩」の短編3冊の感想です。長編とこれ以降の短編は、また、いずれ。 探偵ガリレオと言えば福山雅治、というくらいイメージが定着しています。 私は、ドラマより先に小説を読みました。…