読書LIFE ~毎日が読書日和~

本を読み、備忘録的に感想を綴るブログ。主に小説。映画もたまに。

また、同じ夢を見ていた:住野よる【感想】

 

「また、同じ夢を見ていた」の内容  

きっと誰にでも「やり直したい」ことがある。学校に友達がいない“私”が出会ったのは手首に傷がある“南さん”とても格好いい“アバズレさん”一人暮らしの“おばあちゃん”そして、尻尾の短い“彼女”だった― 【「BOOK」データベースより】

 

「また、同じ夢を見ていた」の感想 

「奈ノ花」という少女 

 読後に感じるのは

 心が何かに満たされて、温かい気持ちになる、ということです。

  

 主人公の小学生・小柳奈ノ花が、授業の宿題である「幸せと何か」を考える物語です。

 奈ノ花は、学校に友達がいません。それは、学校の同級生は自分より馬鹿だと思っているからです。そして、友達がいなくても平気です。

 なぜなら、奈ノ花には、学校の外に友達がいるからです。

 

 猫の「彼女」

 知的で綺麗な女性の「アバズレさん」

 お菓子作りの上手な優しい「おばあちゃん」

 ある日出会った、女子高生の南さん

 

 奈ノ花は、放課後にアバズレさん達を訪れるのが日課であり、楽しみでもあるのです。そして、奈ノ花は、いつも猫の「彼女」と一緒にアバズレさん達を訪れます。 

 学校の宿題の「幸せとは何か」という問いを、その3人と考えるのです。

 

奈ノ花の口癖「人生は・・・」 

 奈ノ花の口癖は、「人生とは・・・」です。

 例えば、冒頭に、

 「人生は、プリンみたいなものってことね」と言います。

  意味は、「甘いところだけで美味しいのに、苦いところをありがたがる人もいる。」

 

 「人生って虫歯と一緒よ」とも言います。

  意味は、「嫌なら早めにやっつけなきゃ・・・」

 

 他にも、奈ノ花は、多くの機知に富んだ人生の例えをします。そして、その口癖は、アバズレさんとの関係において、物語を大きく動かします。

 

アバズレさん・おばあちゃん・南さん 

 アバズレさん・おばあちゃん・南さんとの関係が、物語の軸です。ただ、現実的な話かと思って読んでいると、ファンタジー的な要素も含まれてきます。

 その要素が、この3人が何者なのかということです。

 物語の核であり、最も重要な事柄です。それを知った時に、今まで読んできた内容が腑に落ちます。

 そして、アバズレさん・おばあちゃん・南さんが何者か分かった時、彼女たちは奈ノ花に「人生とは・・・」を語り聞かせます。

 

 アバズレさんは、

 「人生とはプリンと一緒だ」と言います。ただ、意味は、奈ノ花と違います。

 人生には苦いところがあるかもしれない。でも、その器には甘い幸せな時間がいっぱい詰まっている。・・・

 

 南さんは、

 「人生とは自分で書いた物語だ」と言います。その意味は、

 推敲と添削、自分次第で、ハッピーエンドに書きかえられる。・・・

 

 おばあちゃんもありますが、それは、是非読んでください。

 

 彼女たちの言葉は、奈ノ花の言葉とは、全く違います。なぜなら、奈ノ花の言葉は単なる人生の例えに過ぎないからです。

 しかし、彼女たちの言葉は、人生の例えではなく、人生そのものだからです。そして、彼女たちの言葉だからこそ、奈ノ花の心に強く響くのです。

 

さいごに 

 最初に、この小説は、

 心が何かに満たされて、温かい気持ちになる。と書きました。

 それは、ストーリーがよく出来ているからとか、文章表現が巧いからとかではありません。

 何故、そのように感じるのかを言葉にすることは、とても難しいです。決して、ストーリーの出来とか文章表現が必要ないと言っている訳ではありません。もちろん、それも素晴らしいです。

 しかし、それ以上に心に直接響く何かがあるのです。それは、この本を読んだ人に、必ず心に届くものだと信じます。