読書LIFE ~毎日が読書日和~

本を読み、感想や書評を綴るブログです。主に小説。

アルケミスト:パウロ・コエーリョ【感想】|夢を追い求めた少年が手に入れたものとは・・・

f:id:dokusho-suki:20181007173347j:plain

 タイトル「アルケミスト」とは、錬金術師のことです。主人公は錬金術師ではなく少年サンチャゴです。錬金術師は、彼を導く役割を担っています。少年サンチャゴが、夢を追い求め旅をする。一言で言えば、それだけの物語です。しかし、それを通して生きることの意味や人生にとって重要なことを、とても印象深い台詞と表現で描いています。小説としては、ボリュームは少ないです。1日あれば読了できます。その奥深さは底知れない小説です。 

「アルケミスト」の内容 

羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。【引用:「BOOK」データベース】  

「アルケミスト」の感想

「夢」を追い求めること

 日本語訳の副題に「夢を旅した少年」と書かれています。先ほど「少年が夢を追い求める」と書きましたが、ここで言う「夢」とは願望や望みではなく寝ている時に見る「夢」のことです。少年が見た夢とは、ピラミッドにある財宝です。夢を追い求めると言っても、願望や望みを叶えることではありません。寝ている時に見たピラミッドにある財宝を捜し求めるのです。 

財宝探しというと、とても世俗的な印象を受けます。 

 しかし、財宝を探す旅に出るということは、現在の自分の状況を全て捨て去るということです。少年は、羊飼いとしての人生に満足しています。そのことを捨て去り旅に出ることは、どういうことなのか。そこまでして旅に出る必要があるのか。それを理解することが、この少年にとって最も重要なことなのです。 

 当初、少年は旅に出ることを考えていません。しかし、状況が彼の心を旅へと導くのです。その状況は、彼が出会ったジプシーや老人であったりします。彼らは前兆という言葉を使い、旅に出ることの意味を少年に悟らせます。少年は、財宝探しに出ることは自分の運命だと理解するのです。その運命を全うすることが、最も重要な生きる意味なのです。 

年の旅路

 アンダルシアから旅を始めてからピラミッドに至るまでには、多くの出来事が起こるとともに長い年月が掛かります。ボリュームの少ない小説ですが、描かれている旅は壮大です。様々な苦難に遭いながら、数年に及ぶ旅を行うのです。様々な苦難の中には、物理的な苦難もあります。泥棒であったり、戦争であったり。 

 しかし、最も重大な苦悩は少年自身の心の有り様です。財宝を探すという運命に従うことは、途中で引き返したり留まったり出来ないということです。途中で引き返したり、留まったりすればどういうことになるのか。旅の途中、少年はある女性と一緒にいるために旅を諦めようとします。しかし、将来、旅を諦めたことをその女性のせいにすることになるのです。 

運命を諦めた理由を、引き返したり留まったりした理由に求めてしまうことになるのです。 

 留まることを決めた時は、それが幸せなことだと思っています。ただ、運命を諦めたことは一生忘れることは出来ません。運命に従うことがどれほど強い意志を必要とし、困難を乗り越えなければならないか。旅を通じて描かれています。 

金術師が導くもの 

 錬金術師と言えば金以外の物質から金を作り出すことが出来る者を言い表すのが、一般的でしょう。この小説においても、そのように描かれています。しかし、少年を導く錬金術師は、必ずしも金を作り出すだけの錬金術師ではありません。宇宙のあらゆる意味を知る者こそが、錬金術師であると言っているように感じます。 

 物語の前半から、非現実的で抽象的な表現がありました。それでも現実的と言えるものでした。後半、錬金術師とともに旅を始めてからは、さらに非現実的・抽象的で精神世界の表現が増えてきます。錬金術師は、あまり語りません。語るとしても、理解し難い内容が多い。

 錬金術師は、少年の運命をどのように導いていくのか。そのために、何をしているのか。錬金術師の心の内は分かり難い。それらをどのように読み解いていくのか。とても難しい。 

終わりに 

 この小説で語られる登場人物たちの台詞は、とても奥深い。あたかも人生の真理を言い当てているように感じます。彼らの言葉をどのように受け取るのか。読み手次第だと思います。

 そこで、印象に残った台詞をいくつか書き出してみます。これらの台詞は物語中の中で発せられたものなので、前後の脈絡も重要です。しかし、単独でも十分伝えたいことは伝わるのではないか。そのように考えます。  

人が本当に何かを望む時、全宇宙が協力して、夢を実現するのを助けるのだ

 夢を追及している時は、心は決して傷つかない。それは、追及の一瞬一瞬が神との出会いであり、永遠との出会いだからだ 

 何をしていようとも、この地上のすべての人は、世界の歴史の中で中心的な役割を演じている。そして、普通はそれを知らないのだ  

 読み手によって、心に響く言葉は違うでしょう。もっと多くの印象深い台詞があります。是非、読んでみてください。