読書LIFE ~毎日が読書日和~

本を読み、感想や書評を綴るブログです。主に小説。

謎解きはディナーのあとで:東川篤哉【感想】

 2011年の本屋大賞受賞作。

 1話完結の短篇集で、第6話まであります。

 殺人事件を捜査するミステリー物ですが、本格的なミステリーを期待して読むと肩透かしを食らいます。

 主要登場人物は、「宝生麗子」と上司の「風祭警部」、それと麗子の執事兼運転手「影山」です。この3人の強烈な個性が、物語を彩ります。個性が強すぎる気もしますが。

 

 登場人物の個性を前面に出したコメディタッチのミステリー小説です。軽快なストーリー展開の小説と言えますが、内容が軽いと言える面もあります。

 どのように受け止めるかは、読み手次第です。短編集なのと、文章が分かりやすいのと、テンポが良いので、1日で一気に読み終えることが出来ます。

 

  

「謎解きはディナーのあとで」の内容

国立署の新米刑事、宝生麗子は世界的に有名な『宝生グループ』のお嬢様。『風祭モータース』の御曹司である風祭警部の下で、数々の事件に奮闘中だ。大豪邸に帰ると、地味なパンツスーツからドレスに着替えてディナーを楽しむ麗子だが、難解な事件にぶちあたるたびに、その一部始終を相談する相手は“執事兼運転手”の影山。「お嬢様の目は節穴でございますか?」―暴言すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに事件の謎を解き明かしていく。【「BOOK」データベースより】

 

「謎解きはディナーのあとで」の感想

定型の物語構成

 6話の短編ですが、物語の構成・進展の仕方は、どの話もほぼ同じです。

 

  1. 殺人事件が発生し、麗子と上司の風祭警部が現場で捜査。
  2. 麗子は、風祭警部の的外れな推理に辟易としながらも、自らも事件解決への糸口すら掴めない。
  3. 豪邸に帰り、執事兼運転手の”影山”に事件の概要を話す。
  4. 影山は、麗子を馬鹿にしたような暴言を吐きつつ、事件の謎を推理し解決する。

 

 6話の短編の物語構成は、このような感じです。違うのは、殺人事件の謎と物語中に登場するエピソードくらいに感じます。肉付けは違いますが、骨格は同じと言ったところです。

 ストーリー展開が同じなので、読んでいて安心感があります。毎回同じストーリーの時代劇を見ているような感覚です。

 その一方、意外性がないのでつまらなさを感じさせます。

 あくまで、物語構成のことなので、殺人事件の謎がつまらないと言っている訳ではありません。ストーリー展開が読めてしまうということです。

 最初に書きましたが、登場人物の個性が強い。その個性を生かすためには、このような展開に落ち着かざるを得なかったのか。

 

タイトルが示す殺人事件

 「謎解きはディナーのあとで」

 この小説は、タイトルが洒落ています。

 各短編のタイトルも、その中で起こる殺人事件の内容を、洒落た言い回しで表現しています。

 

 第一話 殺人現場では靴をお脱ぎください

 第二話 殺しのワインはいかがでしょう

 第三話 綺麗な薔薇には殺意がございます

 第四話 花嫁は密室の中でございます

 第五話 二股にはお気をつけください

 第六話 死者からの伝言をどうぞ

 

 それぞれのタイトルが、殺人事件の鍵となる事柄を表現しています。

 靴・ワイン・薔薇・密室・二股・伝言

 影山が謎解きをした時、このタイトルに納得します。事件の真相を簡単に悟らせることなく、読み終えるとタイトルの意味に気付かされる。タイトルの付け方は、うまいと感じます。

 

 肝心の殺人事件の謎はどうか。

 麗子の話を聞いて(現場に居合わせたりもしますが)影山が謎解きをするので、深くて巧妙な謎ではありません。麗子からの話だけでは、影山にとっての情報量は少ない。その少ない情報量で謎解きをするからには、あまりに巧妙で複雑な謎では、ちょっと難しい。

 複雑過ぎないから、影山の謎解きも簡潔で、読んでいてすっきりとします。影山は謎解きをするだけで、事件の真実かどうかは別問題です。もちろん、事件の真相のはずですが。

  殺人事件の謎解きも気になりますが、そこに関わる3人「麗子・風祭・影山」のコメディが、この小説の主軸に感じます。こんなことを言うと、ミステリーが分かっていないとお叱りを受けるかもしれませんが。

  

最後に

 殺人事件の謎は、ある程度練られている感はありますが、登場人物のコミカルさが、殺人事件の深刻さと犯人逮捕に挑む強い思いを伝えてきません。そのあたりが、この小説に軽い印象を与える原因かもしれません。

 それと、各短編ごとに、登場人物の人物設定の説明があります。同じ内容の人物設定を、毎回読まされるのは、はっきり言ってくどい。第1話で人物設定が終わっているのだから、必要ないのでは。

 

 短篇で読みやすいので、気楽に読んで楽しめる。そんな小説です。

 読後に、心に何かが残ると言ったものではありません。

  

映像化

 過去に、櫻井翔、北川景子、椎名桔平で映像化されています。

 登場人物のイメージとしては、小説とかけ離れている気はしません。ただ、椎名桔平の年齢が高すぎるのが、原作と違います。