読書LIFE ~毎日が読書日和~

本を読み、感想や書評を綴るブログです。主に小説。

オリンピックの身代金:奥田英朗【感想】|逃れられない貧富の差

 時は、昭和39年。10月10日から開催されるオリンピックに沸いている東京が舞台です。その東京オリンピック自体が人質となった身代金要求事件。爆弾を使い、東京オリンピックの開催を妨害する犯人。国の威信を懸けたオリンピックの開催を成し遂げるために、全力で犯人を探し出す警察。東京オリンピックが始まる3カ月ほど前から、開会式までの短い期間が舞台ですがかなりの長編です。終戦が昭和20年なので、まだまだ戦争の傷痕が消え切らない日本ですが、東京では徐々に経済が成長している実感がある時代でしょう。

 私はどんな時代背景であったのか実感できません。東京オリンピックと聞いてイメージするのは、戦後日本の復興のシンボルとしての位置付けです。しかし、その背後には貧しさから抜け出せない層がいたのも想像は出来ます。復興途上と言うのはそういうものかもしれません。だからと言って圧倒的な貧富の差が許される訳ではない。また、貧しさから抜け出す機会も与えられない状況は正しい社会とは言えません。この小説は、爆弾犯と警察の戦いだけでなく、当時の時代背景が映し出す理不尽な社会も描いています。

「オリンピックの身代金」の内容

昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない。そんな気運が高まるなか、警察を狙った爆破事件が発生。同時に「東京オリンピックを妨害する」という脅迫状が当局に届けられた!しかし、この事件は国民に知らされることがなかった。警視庁の刑事たちが極秘裏に事件を追うと、一人の東大生の存在が捜査線上に浮かぶ…。【引用:「BOOK」データベース】  

「オリンピックの身代金」の内容

和39年の時代背景

 東京オリンピックの開催に伴い、東海道新幹線の開通・オリンピック施設・新しい道路・モノレールと東京は新しい時代の幕開けのような賑やかさだったのでしょう。小説内でも、東京の街の変貌ぶりが詳細の描かれています。しかし光が輝く部分があれば、当然光の届かない場所もある。その光と影は、覆すことの出来ない貧富の差です。貧富の差は、富裕層と貧困層だけでなく地域格差も含んでいます。

  • 東京の中の貧富の差。
  • 東京と地方の貧富の差。

 資本社会は、その格差を広げていきます。また、当時は貧しさから抜け出すチャンスがあったのかどうか。今と違い、厳然とヒエラルキーが残っていたのかもしれません。貧しい者は貧しさから抜け出せないようになっていたのでしょう。また、作中で当然のように登場するヒロポン。すでに違法になっているはずの麻薬がすぐに入手できる。使うことに罪悪感を感じていない。貧しい層にとっては、現実逃避の唯一の手段だったのかもしれない。

 島崎国男が東京オリンピックの建設現場で働く貧しい人夫を知ることにより、犯罪に手を染めていくことになります。貧しさの理不尽さが、詳細な時代背景の描写により伝わってきます。 

わらない階層

 島崎国男は、秋田県の貧しい村の出身です。本来ならその貧しさから抜け出すことは難しい。しかし、彼は東京大学大学院の学生の身分を手に入れます。当時としては、異例だったのかもしれない。彼は貧しさを知っています。しかし、兄が死んだことをきっかけに働きだした飯場で本当の貧しさを実感したのでしょう。実感と共に理不尽さも思い知らされる。 

貧しさの最下層として描かれています。 

 島崎国男を追う刑事の落合昌夫たち。彼らは貧しい層ではないですが、富裕層でもない。中間層とでも言うべきなのか。裕福ではないですが、貧しさを実感するほどでもないのでしょう。当時の東京では中間層が一般的になってきたのかもしれません。経済発展により中間層が増加していた時代でしょう。そして須賀忠。身分制度があるなら間違いなく高い身分の家系です。父親は高級警察官僚。兄は大蔵官僚。祖父は衆議院議員。建設現場の人夫の生活など考えもしないはずです。

 これらの階層は交わることなく区分されていたのでしょう。特に貧困層に関しては。 

崎国男の変貌

 島崎国男は、優秀な頭脳で秋田の貧しさから抜け出します。東京大学で須賀忠のような富裕層とも接触します。彼は、区分されていた全ての層と接する機会があった。おそらく、その理不尽さを頭で理解していたのかもしれない。マルクス主義を研究していたのなら、資本主義と社会主義について十分認識しているはずです。中間層以上の立場に立てば、資本主義は理想的かもしれない。貧困層にとっても抜け出すチャンスが平等に与えられているならば、不条理でないでしょう。しかし階層が交わらないならば、貧困層にとって資本主義は憎むべき制度になります。

 島崎国男が人夫の中に入り過酷な現状を頭でなく身をもって知ったことにより、彼は変貌します。ただ、資本主義や社会主義といった思想主義的な考え方からというよりは、目の前に横たわる現実に対し抵抗する。その方法が爆弾テロだったのでしょう。 

たつの時間軸

 物語はふたつの時間軸で進んでいきます。最初の爆弾事件の数ヵ月前からと直後から。島崎国男は事件の数ヵ月前から描かれていきます。彼が爆弾犯に変貌していく様子が描かれます。爆弾事件の直後からは、落合昌夫を主軸に爆弾犯を捜索するところから始まります。

 物語が始まって早々に、爆弾犯が島崎国男だと判明します。犯人が誰かというミステリー要素はありません。もしかしたら別の人物が犯人なのかなと思わないこともないのですが、予想を裏切る展開はありません。スタートする時期が違うので、時間が前後します。原因があって結果が来るだけでなく、先に結果が現れ、後に原因が語られる。その交錯が物語に緊張感を与えている気がします。

 また、島崎国男の時間の進み方が少し早い。もうひとつの時間に近づいてくる。島崎国男を追い詰めていく警察の時間軸に追い付くことで、彼がどんどん追い詰められていく様子が伝わってきます。最後に時間は一致します。時間が重なった時、全ての人が重なり物語は終息します。 

最後に

 当時の時代背景を知識として知ることはできても実感することはできない。この小説で描かれている時代には、島崎国男のように考える人もいたのでしょう。ただ、行動に移すかどうかは別の話ですが。

 著者は、資本主義を否定し社会主義を肯定しているわけではないでしょう。時代背景がそうであったということです。小説内で描かれていた人夫の状況が事実だったのか誇張されているのか分かりません。ただ、東京オリンピックの光の影で多くの人々が苦しんだという事実があったのでしょう。