読書ライフ

本を読み、感想や書評を綴るブログです。主に小説。

ーおすすめ記事ー
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

『AX』:伊坂幸太郎【感想】|最強の殺し屋は ー 恐妻家。

こんにちは。本日は、伊坂幸太郎氏の「AX」の感想です。 「グラスホッパー」「マリアビートル」に続く、殺し屋シリーズの第三弾。シリーズといっても物語が直接的に繋がっている訳ではありません。前二作の登場人物も物語の中で登場する、緩めのクロスオー…

『レインツリーの国』:有川 浩【感想】|すれちがう彼女の秘密と彼の秘密

こんにちは。本日は、有川 浩さんの「レインツリーの国」の感想です。 有川 浩さんの作品を読むのは2年振りくらいでしょうか。自衛隊三部作のような恋愛小説もあれば、旅猫リポートにようなヒューマンドラマ(猫ですが)もあります。電撃小説大賞から作家を…

『文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る』:松原 隆彦【感想】

こんにちは。本日は、松原 隆彦氏の「文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る」の感想です。 著者の経歴を見ると、本書の内容に付いていけるか心配になります。ただ、タイトルどおり「文系でもよくわかる」なら大丈夫だろう。そう思いながら読み始め…

『Self-Reference ENGINE』:円城 塔【感想】|反乱を起こした時間のなか、あてのない冒険へと歩みを進める

こんにちは。本日は、円城 塔氏の「Self-Reference ENGINE」の感想です。 円城 塔氏の作品は三作目です。既読は、芥川賞受賞作の「道化師の蝶」と伊藤計劃氏との共著「屍者の帝国」です。「屍者の帝国」は共著というより、ほぼ円城 塔氏の作品だと認識してい…

『アーサー王と円卓の騎士』:ローズマリ・サトクリフ【感想】

こんにちは。本日は、ローズマリ・サトクリフの「アーサー王と円卓の騎士」の感想です。 アーサー王物語として知られるものは民間伝承や創作によるものがほとんどです。一般的にアーサー王物語として知られているのは、中世後期に完成したトマス・マロリーが…

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』:青柳碧人【感想】|昔ばなし×ミステリー

こんにちは。本日は、2020年本屋大賞第10位、青柳碧人氏の「むかしむかしあるところに、死体がありました」の感想です。 誰でも知っている昔話をベースにしたミステリー作品です。完全な創作にはなりませんし、誰でも知っているから大幅に改変できません。昔…

『ノースライト』:横山秀夫【感想】|一家はどこへ消えたのか?

こんにちは。本日は、2020年本屋大賞第4位、横山秀夫氏の「ノースライト」の感想です。 著者は警察小説の第一人者です。警察以外の小説も書いていますが、やはり警察ものの印象が強い。警察小説の圧倒的な完成度の高さがそのように印象付けるのだろう。 特…

『21Lesson』:ユヴァル・ノア・ハラリ【感想】|Ⅴ レジリエンス

こんにちは。前回、「『21Lesson』:ユヴァル・ノア・ハラリ【感想みたいなもの】|Ⅳ 真実」の続きです。 Ⅴ レジリエンス 教育 意味 瞑想 終わりに Ⅴ レジリエンス 古い時代が破綻し、新しい物語が登場していない時代における人生を眺めます。知っていること…

『21Lesson』:ユヴァル・ノア・ハラリ【感想みたいなもの】|Ⅳ 真実

こんにちは。前回、「『21Lesson』:ユヴァル・ノア・ハラリ【感想みたいなもの】|Ⅲ 絶望と希望」の続きです。 Ⅳ 真実 無知 正義 ポスト・トゥールース SF Ⅳ 真実 「ポスト真実」の概念から、現在のグローバルな情勢をどれだけ理解できるか。悪行と正義を…

『21Lesson』:ユヴァル・ノア・ハラリ【感想みたいなもの】|Ⅲ 絶望と希望

こんにちは。前回、「『21Lesson』:ユヴァル・ノア・ハラリ【感想みたいなもの】|Ⅱ 政治面の難題」の続きです。 Ⅲ 絶望と希望 テロ 戦争 謙虚さ 神 世俗主義 Ⅲ 絶望と希望 前例のないテクノロジーの難題と政治的な対立は、自分たちの見方についてもう少し…

『21Lesson』:ユヴァル・ノア・ハラリ【感想みたいなもの】|Ⅱ 政治面の難題

こんにちは。前回、「『21Lessons』:ユヴァル・ノア・ハラリ【感想みたいなもの】|Ⅰ テクノロジー面の難題」の続きです。 Ⅱ 政治面の難題 コミュニティ 文明 ナショナリズム 宗教 移民 Ⅱ 政治面の難題 考え得る多様な対応を考察します。AIを使って、人間…

『21Lessons』:ユヴァル・ノア・ハラリ【感想みたいなもの】|Ⅰ テクノロジー面の難題

こんにちは。本日は、ユヴァル・ノア・ハラリ氏の「21Lessons 21世紀の人類のための21の思考」の感想です。 ユヴァル・ノア・ハラリ氏の著作「サピエンス全史」と「ホモ・デウス」は世界的ベストセラーです。「サピエンス全史」では人類の過去を振り返り、ヒ…