読書LIFE ~毎日が読書日和~

本を読み、備忘録的に感想を綴るブログ。主に小説。映画もたまに。

冷たい校舎の時は止まる:辻村深月【感想】

  今、最も注目されている作家の一人である辻村深月のデビュー作。

 文庫で上下巻、1,000ページ以上の長編です。デビュー作とは思えないくらいの完成度の高いミステリー小説だと思います。

 雪が降りしきる学校の中に閉じ込められた8人の生徒。閉じられた世界の中で、大きな謎解きに挑む。

 

 もしかしたら、自分たちの命が掛かっているのかもしれない。

 その緊張感の中で、物語が進展していきます。8人の生徒たちの人間関係や彼ら個々人の背景など、綿密かつ詳細な設定が成されています。

 8人全員が、それぞれに重い心の暗部を背負っています。そのことが、閉じられた冷たい校舎と相乗効果をもたらし、極めて高い緊張状態を維持し続けたまま、物語は進んでいきます。

 

 この物語では、ふたつの大きな謎があります。

 一体、誰の中に取り込まれてしまったのか。

 2カ月前に自殺したのは、誰だったのか。

 

 未読の方は、この謎自体が、一体何のことなのか分からないと思います。彼らは、このふたつの謎に翻弄され、追い詰められていくのです。

 ミステリーなので、ネタバレなしの感想を心掛けます。なので、薄っぺらな感想になってしまいますが、ご容赦を。

 

 

「冷たい校舎の時は止まる」の内容 

雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出す。でもその顔と名前がわからない。どうして忘れてしまったんだろう―。
学園祭のあの日、死んでしまった同級生の名前を教えてください―。「俺たちはそんなに薄情だっただろうか?」なぜ「ホスト」は私たちを閉じ込めたのか。担任教師・榊はどこへ行ったのか。白い雪が降り積もる校舎にチャイムが鳴ったその時、止まったはずの時計が動き出した。薄れていった記憶、その理由は。【「BOOK」データベースより】

 

「冷たい校舎の時は止まる」の感想

人物設定が秀逸

 登場人物は、8人の高校生。クラスの学級委員という共通項があり、仲の良いグループの印象を与えてきます。

 彼らの会話の中に登場する人物が数人いますが、実際に物語を構成していくのは、この8人です。8人が多いのか少ないのかは、読み手の感覚です。ただ、8人それぞれに役割分担がされており、過不足なし、と言った印象です。

 

 物語冒頭に、8人が一気に登場します。学校に登校するシーンから始まり、8人が教室に集まります。

 この段階では、それほど人物設定が詳細に語られている訳ではないので、8人の名前と性格を一致させるのが難しい。少しずつ説明される彼らのキャラクターと名前を一致させていく作業に、気を取られてしまいます。すぐに前のページに戻り、人物を確認すると言った作業を何回も繰り返しました。私の記憶力の問題かもしれませんが。

 

 全員が高校生なので、冒頭の彼らの違いを表現するのは、言葉遣いや服装(と言っても制服なのですが)、行動の違いからです。なかなか、8人のキャラクターが頭に落ち着きませんでした。

 

 ただ、校舎に閉じ込められたことが分かり、物語が進展しだした後に、彼らそれぞれが主人公となるエピソードが章単位で描かれます。ここで、彼らのキャラクターが詳細に語られていきます。

 それは、性格だけでなく、人間性を構築した今までの人生。抱えている問題。残りの7人に対する思いなど、多くのことが描かれています。

 同じ高校生ですが、人はそれぞれ違います。その違いは、些細な違いから大きな違いまで様々です。その大小さまざまな違いを、個性と言う表現で見事に描いています。

 

ミステリーとして

 ミステリー小説は謎を提示し、その謎を解決する。

 その結末を読者に予想させ、そして裏切りつつも納得してしまう結末を用意する。

 ミステリー小説としても、とても秀逸な出来です。用意された謎も、微妙にその姿を変えながら、8人を追い詰めていきます。

 

  校舎に閉じ込められた現状の認識を行う時に、清水あやめが「人間が誰かの意識(頭)の中に閉じ込められる」と言う仮説を唱えます。

 最初は、納得できない面々も、事態が進展していく中で、この仮説を信じていくようになります。そして、この仮説に沿って、物語が進展していきます。

 

 確かに、信じがたい現状の中ですが、この仮説だけを信じて行動を始めてしまうのに、少し違和感を感じます。現状を説明するうえで、一番納得できる仮説ということなのでしょう。違和感は感じつつも、この前提を受け入れて読み進めていかないといけない。そこに関しては、ちょっと強引だったかな、という印象を受けました。

 

 「誰かの中に閉じ込められた」

 その前提を受け入れれば、先を読ませない見事な展開です。先を読ませないと言うよりは、先を読ませて結末を匂わせながら、その読ませた結末を否定するような場面を作る。その繰り返しが行われていきます。

 意外と素直な謎解きなんじゃないのかな、と思わせておきながら、全く違う方向の状況や台詞や人間関係を匂わせる。ミステリーの迷路に迷い込んでいってしまいそうになります。

 私が描いていた結末とは、全く違う結末でした。

 特に、自殺した人間は誰だったのか。

 こちらについては、意表を突かれた思いです。

 

読後の気持ち良さ

 物語の前半は、閉じ込められた状況でありながら、どこか安心感のある穏やかな状態です。

 しかし、あることをきっかけに、一気に恐怖と緊張感に襲われ、それが彼ら8人を追い詰めていきます。そして、彼らの関係にも大きな影響を与えていきます。悪い方向へと舵を切って進みます。

 「自殺」

 この言葉をキーワードに、次々と姿を消していく友人たち。この緊張感と恐ろしさを最後まで引っ張って、物語を結末へと導きます。

 

 これだけ、恐怖が支配した物語でありながら、読後には、どこか爽やかさを感じさせる清涼感があります。これが、辻村深月の作家としての力量なのでしょうか。謎を解いて終わりでなく、これからも生きていく彼ら8人を描くことで、前向きな気持ちにさせてくれるのでしょう。

 

 同じ超長編の「スロウハイツの神様」は、途中かなり中だるみします。最後まで読めば感動するんですけど。

 この小説は、中だるみを感じさせず、一気に読ませるだけの内容を持っています。