読書LIFE ~毎日が読書日和~

本を読み、感想や書評を綴るブログです。主に小説。

『終末のフール』:伊坂幸太郎【感想】|死が迫ることで、生きることを真剣に考える

f:id:dokusho-suki:20181014123346j:plain

 「八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する」
 ハリウッド映画では、よくある設定です。その危機を脱するため、リーダーシップを発揮する指導者や危険を顧みず立ち向かう英雄を描くのが、この設定の常です。人類が一丸となり危険を回避することで爽快感を得ます。しかし、伊坂幸太郎の視点は違います。八年後に小惑星が衝突すると分かった後のパニック状態や危機に立ち向かう人類を描きません。さらに五年後。衝突まであと三年。何故かパニックが収まり、穏やかになってきた時期。そこに焦点を当て舞台にしています。 

略奪や暴動について厳しく取り締まられることになったのも大きな要因だろうが、それ以上に、たいていの人間が諦め始めたからではないだろうか。恐怖に耐えきれない者はおおかた死んでしまったし、生き残った者たちは、いかに残りの時間を有意義に暮らそうか、と考え始めたのではないだろうか。  

 世間が小康状態になった時期を舞台に人々の日常を描く。大きな事件や出来事が起きるわけではありません。しかし、三年後に確実に訪れる終末(=死)を前に人々はいかに生きるのか。何をすべきなのか。
 死と生きること。
 パニック時には考えられないことが、五年後の小康状態の中で考えざるを得なくなる。仙台北部の団地「ヒルズタウン」を舞台に、死と生について考えさせられる8編から成る連作短編集です。伊坂幸太郎らしく軽快でユーモアに富んだ会話や状況が重苦しさを感じさせませんが、それでも生きることの意味を問う奥深い作品です。 

「終末のフール」の内容 

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。 【引用:「BOOK」データベース】  

「終末のフール」の感想 

末のフール 

 ある夫婦の物語。夫婦の元に、10年間絶縁状態だった娘「康子」が帰ってくる。彼女の兄、すなわち夫婦の息子は過去に自殺をしています。娘は、兄が自殺した原因は父の兄に対する態度だと思っていて父を許すことができない。そのようにして家を出ていった彼女が突然帰ってくる。その真意はどこに。 

 父は彼女が帰ってくることをきっかけに、今までの自分の家族に対する態度を顧みます。今までの自分の生き方は正しかったのか、と。
 終末を前に、ひび割れた家族の絆を取り戻せるかどうか。
 仲違いをさせた原因が兄であるのなら、仲直りをさせるきっかけも兄の思い出。3年後に終末が訪れるからこそ、家族に戻ることが出来た。兄はいなくても。

 妻「静江」の仕組んだことであったが、終末が近づいたから実現した和解なのでしょう。この和解をきっかけに、父親である彼は変わっていくのだろうか。それはないかもしれない。  

陽のシール 

 究極の優柔不断の夫に求められる究極の選択。三年で終末が来る時に、妻の妊娠が分かります。妊娠した子供を産むべきなのか、産まないべきなのか。妻に選択を求められ、夫が悩み続けます。 

  • あと三年しか生きられないと分かっていながら産むのは無責任じゃないのか。
  • あと三年だからと言って、勝手に堕胎を決めるのはお腹の子供に悪いのではないか。 

 優柔不断な夫に、明朗闊達な妻が決断を迫ります。この妻がとてもいい。優柔不断で結論を出せない夫に対し、何も不満を抱かない。むしろ、その優柔不断さを愛おしく感じています。どちらの決断をしても、妻は受け入れたのかもしれません。もしかしたら、夫がどの決断をするか分かっていたのかもしれません。三年しかないから産まないというのではなく、生まれた子供と一緒に三年をどのように生きるか。それが重要なことなのです。心温まるようなオチで、終末と言うことを忘れほっこりとします。  

城のビール 

 この短編集の中では一番物騒な話だと思います。小惑星騒動前に起こった人質事件の被害者である妹を執拗なマスコミ取材で自殺に追い込まれた兄弟が、元キャスターに復讐を行う。小惑星で皆が死ぬ前に、自らの手で殺す。いかにも終末らしいストーリーです。 

 報道に携わる者の姿勢を問うのが「籠城のビール」の主題なのか、と思うほど犯人の視点を通じて、報道に対する意見が述べられています。おそらく、そのことも著者は伝えたかったことのひとつであるかもしれない。でも、主題はやはり生と死です。籠城する部屋の中で、犯人たちと元キャスター家族。三年後の死ではなく、すぐそこに死が迫る緊張感の中どうなるのか。 

 結果的には、皆がいい人で終わってしまうのだけれど。そこは、評価が分かれてしまうかもしれません。爽やかで気持ちのいい終わり方だけどある程度想像できたかな、と思います。綺麗な終わり方でした。  

眠のガール 

 両親が自殺した後に残された少女の話。彼女はとても不思議な存在です。両親を恨むこともせず、小惑星を憎むこともせず、日々の生活を受け入れ過ごしている。父の蔵書の全てを4年かけて読み終えた彼女は、冬眠から覚めたように家を出ます。彼女は新しいこと(恋人を作ろう)と決意し、3人の意見を聴くために人々を訪ね歩く。

 決して悲観的にならず前向きに生きる彼女は、終末でありながらとても輝いて見えます。自分らしく生きようとすることは、どんな状況であっても必要なことなのだと感じます。  

鉄のウール  

 ボクシングジムに通う少年と、小惑星衝突のニュースを聞いても今までと全く変わらない生活を続けるキックボクサー「苗場」の物語。終末に悲観し、部屋に閉じこもる父親。生きる気力を失い、ただ日々を過ごすだけの母親。両親に失望した少年が見つけたのは、黙々とトレーニングを続ける苗場の姿。三年後に地球が滅びるというのが嘘のようにトレーニングを続ける苗場はとても魅力的です。失望に喘ぐ父親とトレーニングを続ける苗場の対照が、さらに苗場の強さを際立たせます。 

 果たして、自分が世界の終末に襲われた時、苗場のような生き方が出来るのだろうか。多分、出来ないだろう。苗場の行動は非現実的かもしれない。でも、自分もそうでありたいと願ってしまいます。物語中で、苗場が次のように言います。 

「苗場君ってさ、明日死ぬって言われたらどうする?」
「変わりませんよ」
「変わらないって、どうすんの?」
「ぼくにできるのは、ローキックと左フックしかないですから」
「それって、練習の話でしょ?というかさ、明日死ぬのに、そんなことするわけ」
「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」「あなたの今の生き方は、どのくらい生きるつもりの生き方なんですか?」 
 

 苗場はこの生き方を実践し続けるのです。 

体のヨール  

 殺された妻を追って自殺しようとしていた男「矢部」と、彼の大学時代の同級生「二ノ宮」の話。天体オタクの同級生「二ノ宮」が、伊坂作品ならではの変わった人物。小惑星騒動で世界がおかしくなっている中で、新しい小惑星を発見したと言って喜んでいる様子がおかしい。世の中全てが小惑星を憎んでいる中で、小惑星で喜ぶのは皮肉めいている。 

 妻が殺された矢部にとって生きる意味は、妻を殺した犯人を殺すこと。それが叶えば生きている意味が彼には残っていない。あとは妻の元へ旅立つだけ。全体的に重めの内容です。しかし、二ノ宮の存在が重みを打ち消し暗く沈むのを防いでいます。小惑星衝突のパニックで奪われた平穏な生活は、もう戻ってこない。戻らない過去に囚われて生きる意味を失った矢部。対して、小惑星衝突を自分の眼で見れると楽しみに待つ天体マニアの二ノ宮。

 過去を見るのか、未来を見るのか。矢部は過去に囚われ続けますが、二ノ宮と再会することにより前向き(?)に自殺に踏み出したように感じます。 

劇のオール 

  役者を目指していた女性「倫理子」が家族を亡くした人々の家を周り、家族を演じる。家族を失った人々の寂しさを埋めるには、代役が必要ということなのか。

 この話を読むと、倫理子が演じることにより周りの人を助けるというよりは演じることにより倫理子自身が救われようとしている印象があります。失ったものの穴埋めをして、何とか元の状態に近づけようとする努力をしているのだろうか。生きていくために、周りの人間と繋がろうとする。人間として極めて普通の感情なのかもしれません。

 最後に、彼女が関わった全ての人が偶然にも一同に会します。その場で彼女は一緒に暮らすことを提案する。ちょっと出来すぎな終わり方ですが、爽やかな終わり方でもあります。 

海のポール 

  今までの短編で、脇役で登場してきたレンタルビデオ店の店長「渡部」と彼の父親の話。最後の短編ということで、連作短編集の締めくくりでもあります。この短編の主人公は渡部ですが、生きることの意味を最も雄弁に語っているのは父親です。とても変わり者の父親ですが。彼も、伊坂作品らしい独特の登場人物です。 

 最終話だけあって、感動させる台詞や会話が随所に散りばめられています。やがて訪れる終末の時、自分はどのように振る舞うのか。渡部は娘の未来を1分でも1秒でも長く生かすため、最後まであがくだろうと考えます。それは本心なのだろう。死ぬことは分かっていても、出来ることは諦めずにやり続ける。そのことを伝えているのではないか。渡部と父親の会話の妙も、この短編の魅力です。  

最後に 

 人は生まれれば、いつかは死ぬ。当たり前の話です。しかし、我々はそれを無意識に忘れている、もしくは忘れようとしているのでしょう。いつか死ぬと思い続けて生きることなど、普通は出来ない。しかし、忘れているので時間が有限であることも一緒に忘れて、毎日を適当に生きてしまっているのかもしれない。 

 三年後に小惑星が衝突して人類は滅亡する。余命三年。それも全人類共通で。

 その時こそ、人々が生きることについて真剣に考えるのでしょう。生きることについて考えることが出来ない人間はパニックを起こし、死んでいく。そして、巻き込まれた人間も死んでいく。残った人間は小康状態の中、考えざるを得ない。残りの三年を生きるということはどういうことなのかを。

 この小説は小惑星衝突という非現実的な現象を舞台にしていますが、訴えたいことは死と生。死を考えることは、生きることを考えることということでしょう。舞台は大仰だが、描かれている世界は人間の本質を追及した奥深いものだと感じます。

終末のフール (集英社文庫)

終末のフール (集英社文庫)